えみりの日常

emiri51.exblog.jp
ブログトップ

遠距離介護の苦悩 4(心付けとは)

e0360834_01155908.jpg


久しぶりにこのシリーズです。
これ・・・な、長いです。[E:sweat01]
お時間のある時にでも
ボチボチご覧頂けたら結構ですので。。。


昨夜、義姉から電話がありました。(電話は毎日のようにありますが・・・)

「えみりちゃん、私ね、職場で友達に聞いたんだけど、病院にね、何か心づけを
しておく方がいいんじゃないかしら?」


「心づけって、お菓子とか、お金とか商品券ですか?」

「ほら、長く置いて貰える方が助かるでしょ。今、退院しても寒いし、
帰ったところで何も出来ないんだもの。。。」


そうです。義母の入院予定は1ヶ月。
今現在、歩行器でのリハビリに入っていますが、
まだまだ痛み止めの座薬が手放せない容態です。

1ヶ月と言わず、一日でも長く入院をさせておいて下さる方が、
遠くにいる家族としては安心なのです。

そのためにも、病院のご機嫌をとっておく方がいいのでは[E:sign02]という話です。

「えっ~でも、お姉さん、入院途中の心づけって、
手術でもしない限り身近では聞いたことが無いですけどねえ~。。。
じゃあ、退院する時はどぅするんですかぁ~?

義母の入院している、この病院ね
「居宅介護支援事業所」にも指定されているので、
退院してからも、この先お世話になる事が多いと考えられます。

皆さんならどうされますか??
何かいいアイデアがあったら教えて下さい。m(__)m

さて、あれから、話しがどのように進んでいるのかと申しますと、
先週ようやく、市の調査員の方が数人、義母の病院を訪れました。

かなりチェックが細かかったようです。
流れとしてはこちら(今治市の高齢介護課)に詳しく記されているのですが、

1.申請

2.調査員が判定にやってくる+医師の意見書

3.審査・判定

4.認定(認定結果の記された被保険者証が自宅に送付される)

5.指定居宅介護支援事業所一覧(4の封筒に同封されている)から
  計画を作ってもらう居宅介護支援事業者(ケア・マネージャーさん)を選んで、
  居宅サービス計画を作成してもらう

6.介護サービスの利用


現在は2の調査員がやってきたところなので、まだまだ先は長いです。

この週末が三連休なので、長距離バスで帰る予定にしていたのですが、
義姉の方もこの週の方が都合がいいというので・・・
くっ。。。。負けた~[E:sweat01]
私は月末位に変更しようかと思います。

やはり、骨粗鬆症からくる骨折はすぐには良くはならないようです。
義父があれからお洗濯を頑張ってくれている(多分[E:sweat01])ことだけが救いです。

では、明日も頑張っていきましょうね。[E:smile]
[PR]
by emiri-51 | 2007-02-06 20:52 | 親の老いを見つめて

eoからの移行ブログです


by emiri-51