えみりの日常

emiri51.exblog.jp
ブログトップ

帰省帰りのお楽しみ1

e0360834_01225718.jpg




今回 も ハプニング満載の珍道中となりました。

本当はね、尾道ラーメン紀行第3弾[E:sign01]
 ・東珍康 
 ・朱華園
に続き、今回は「つたふじ」をお伝えしたかったんですぅ。
ところが、時は三連休でしょ。

つたふじって駅近くの観光客の多い場所にあるんですよぉ。
行列が半端じゃなくて、今回はあきらめました。

e0360834_01225784.jpg

e0360834_01225760.jpg

それで、いつもの「東珍康」です。

こちらは車が無いと不便な場所なので、
行列も15分待ち位でした。



←行列後尾の顔のモザイクの方はピーですぅ。
プクク(*‾m‾)ククク


いつもはこのラーメンを食べて、すぐに大阪に向け出発するので、
尾道は通過地点だったんです。

ところが昨年、お友達のころちゃんの尾道旅行記を拝見して、
時間があれば、是非、散策してみたいと思っていました。

e0360834_01225780.jpg



千光寺から尾道の町並みを見下ろした画像です。

駅前から画像のロープーウェイに乗り、
千光寺公園まで一気に登ることが出来ます。

車の方は千光寺の案内板を頼りにロープーウェイ着地の
公園まで行くことが出来ますよん。

その公園からの画像が下の携帯投稿の観覧車のものです。
っで、
e0360834_01225791.jpg


←尾道市立美術館の前を左に登って行くと

この記事の1枚目の写真を撮った展望台があります。

展望台は360°パノラマ、爽快ですよん[E:smile]
(足はガクガクだけど・・・[E:sweat01])


その展望台から
e0360834_01225899.jpg

「文学のこみち」を下って行きました。
こちらには尾道ゆかりの作家、詩人の思いが石碑に刻まれています。

Σ(‾ロ‾lll) ガビーンとも思えるような場所に・・・


e0360834_01225837.jpg


←ほら、こんな感じ[E:smile]
結構、運動になっておもしろいですよん。

この石の隙間を抜けて行ったり、
石段自体が自然な状態を生かしているので、足に当たるゴツゴツ感が新鮮です[E:shine]


e0360834_01225812.jpg

←林 芙美子さんの「放浪記」
海が見えた。海が見える。  
五年振りに見る
尾道の海はなつかしい。


この場所で読むとその思いが深く伝わります[E:heart]

「ここで1句読んで下さい」などという投稿ポストもあり、うちの詩人二人(主人とピー)は真剣に頭をひねっていましたクスッ(‾m‾*)


e0360834_01225809.jpg


その「文学のこみち」を降りた所に
千光寺があります。

鐘楼です。
ここからの尾道の眺めは最高です。
っと思ったら、

『千光寺鐘楼「驚音楼の鐘」は平成八年七月一日、環境庁の選定した「日本の音風景百選」の一つに選ばれました。』
とリンク先の説明にありました。納得です[E:smile]

帰省の帰りのプチ旅行なので、時間が無くて残念です。
もっと、もっと尾道には
足で楽しめる場所[E:sweat01]
がたくさんありそうです。


これからの帰省の楽しみがまた増えました[E:heart]

ハプニングはこの後も続きます(*/▽\*)イヤン
お楽しみに[E:sign01]
[PR]
by emiri-51 | 2008-02-11 20:11 | ちょっとそこまで

eoからの移行ブログです


by emiri-51