えみりの日常

emiri51.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ちょっとそこまで( 8 )

星に願いを・・・

e0360834_01233153.jpg


巨大ロボットみたいでかっちょいいでしょ[E:smile]
←これ実は旅先から携帯投稿した
「国立 天文台」の画像にある建物の内部です。

「岡山天体物理観測所」の188cm反射望遠鏡です。
難しすぎて絶対に上手く説明が出来ないので詳しくは↑リンクをご覧下さいまし[E:bearing]


e0360834_01233134.jpg




←同じ敷地内に「岡山天文博物館」があります。

入館料  
   大人 300円  中学生 200円


e0360834_01233247.jpg


←188cm反射望遠鏡の模型です。

博物館内部に展示されています。
でも、実物を目にすると迫力が違いました。

実際にのぞいてみたくなりますよん[E:heart]

e0360834_01233254.jpg

e0360834_01233260.jpg


左 プラネタリウム  右 太陽観測室

(‾へ‾|||) ウーム
どぅ考えても私に不似合いなエントリーだぁ[E:sweat01]
岡山にこんな所があるんだよ~って感じでお許しを・・・[E:bearing][E:sweat01]

これね、今回ジジババの夏物衣料や必需品を取りに帰省する際に
ピーに何処か途中で寄りたい所は無いか???と訊ねたところ
「天文台」と言いよったんですわぁ~[E:sweat01]

確かに彼女、おもちゃの天体望遠鏡を持ってた程の「星好き」
詳しい説明も聞けるので、興味のある方にはたまらない場所かも。

わ、わたし・・・もっぱら「星に願いを」ってとこですぅ[E:smile][E:shine]
[PR]
by emiri-51 | 2008-04-30 21:23 | ちょっとそこまで

帰省帰りのお楽しみ2

e0360834_01225947.jpg



尾道を出発した私達はまっすぐ大阪に帰る予定でした。
しかし、予定通りにいかないのが我が家です。

山陽道を走っていたんです。
そこから徳島・神戸の分岐のある地点を無事通り過ぎ、
ホッとしたのもつかの間、

あ゛~ぁ[E:coldsweats02][E:sweat01]」主人の悲鳴ともため息とも取れる一言。

第二神明の分岐を間違え、姫路方面に入ってしまいました。

も、戻ってるやん[E:sweat01][E:sweat01]

あわてて一般道に降りましたが、どこを走っているのかさっぱりわからず・・・
真っ暗なのも手伝って、全く読めない地図との格闘です。

何となく、海っぽいという匂いを頼りに辿りついたのが

e0360834_01225945.jpg

←神戸

♪神~戸、
   泣いてどうなるのかぁ~♪


ほんま、泣きそうでしたよぉ[E:sweat01]

しかし、せっかく辿りついたのも
何かの縁[E:shine]
これは楽しまなくては~[E:smile]

e0360834_01230073.jpg

e0360834_01230019.jpg



e0360834_01230059.jpg

e0360834_01230019.jpg




mosaicにある「BUCO di Muro」でディナーです[E:heart]

ここね、初めて訪ねたのですがお店の方の対応がいいです。
愛想が良くて、テーブルによく目が行き届いています。

お水はボトルでよく冷えています。
取り皿も
温かい物の時には温かい取り皿を、
冷たい物の時には冷たい取り皿を、
素早いタイミングで運んで下さいます。
このちょっとした心遣いが有り難いですよねぇ[E:heart]

って、やっぱり私は食べ物で〆かぁ[E:sweat01]

お陰で体重がとんでもない事になっています。
↓でご近所から頂いたクリスマスケーキがかなり堪えました。

あぁぁ、「コアリズム」貯金1日500円にしよう。。。[E:shock]
(ρ°∩°)ううー。。。体重。。。戻るんだろうかぁ。

あんなに身体を使っているのにぃ。何で増えるんだぁ~。

食べてるからかぁ?←わかってるもん・・・[E:sweat01]

明日もがんばろう。。。...... ( 〃..)ノ ハンセイ
[PR]
by emiri-51 | 2008-02-12 19:26 | ちょっとそこまで

帰省帰りのお楽しみ1

e0360834_01225718.jpg




今回 も ハプニング満載の珍道中となりました。

本当はね、尾道ラーメン紀行第3弾[E:sign01]
 ・東珍康 
 ・朱華園
に続き、今回は「つたふじ」をお伝えしたかったんですぅ。
ところが、時は三連休でしょ。

つたふじって駅近くの観光客の多い場所にあるんですよぉ。
行列が半端じゃなくて、今回はあきらめました。

e0360834_01225784.jpg

e0360834_01225760.jpg

それで、いつもの「東珍康」です。

こちらは車が無いと不便な場所なので、
行列も15分待ち位でした。



←行列後尾の顔のモザイクの方はピーですぅ。
プクク(*‾m‾)ククク


いつもはこのラーメンを食べて、すぐに大阪に向け出発するので、
尾道は通過地点だったんです。

ところが昨年、お友達のころちゃんの尾道旅行記を拝見して、
時間があれば、是非、散策してみたいと思っていました。

e0360834_01225780.jpg



千光寺から尾道の町並みを見下ろした画像です。

駅前から画像のロープーウェイに乗り、
千光寺公園まで一気に登ることが出来ます。

車の方は千光寺の案内板を頼りにロープーウェイ着地の
公園まで行くことが出来ますよん。

その公園からの画像が下の携帯投稿の観覧車のものです。
っで、
e0360834_01225791.jpg


←尾道市立美術館の前を左に登って行くと

この記事の1枚目の写真を撮った展望台があります。

展望台は360°パノラマ、爽快ですよん[E:smile]
(足はガクガクだけど・・・[E:sweat01])


その展望台から
e0360834_01225899.jpg

「文学のこみち」を下って行きました。
こちらには尾道ゆかりの作家、詩人の思いが石碑に刻まれています。

Σ(‾ロ‾lll) ガビーンとも思えるような場所に・・・


e0360834_01225837.jpg


←ほら、こんな感じ[E:smile]
結構、運動になっておもしろいですよん。

この石の隙間を抜けて行ったり、
石段自体が自然な状態を生かしているので、足に当たるゴツゴツ感が新鮮です[E:shine]


e0360834_01225812.jpg

←林 芙美子さんの「放浪記」
海が見えた。海が見える。  
五年振りに見る
尾道の海はなつかしい。


この場所で読むとその思いが深く伝わります[E:heart]

「ここで1句読んで下さい」などという投稿ポストもあり、うちの詩人二人(主人とピー)は真剣に頭をひねっていましたクスッ(‾m‾*)


e0360834_01225809.jpg


その「文学のこみち」を降りた所に
千光寺があります。

鐘楼です。
ここからの尾道の眺めは最高です。
っと思ったら、

『千光寺鐘楼「驚音楼の鐘」は平成八年七月一日、環境庁の選定した「日本の音風景百選」の一つに選ばれました。』
とリンク先の説明にありました。納得です[E:smile]

帰省の帰りのプチ旅行なので、時間が無くて残念です。
もっと、もっと尾道には
足で楽しめる場所[E:sweat01]
がたくさんありそうです。


これからの帰省の楽しみがまた増えました[E:heart]

ハプニングはこの後も続きます(*/▽\*)イヤン
お楽しみに[E:sign01]
[PR]
by emiri-51 | 2008-02-11 20:11 | ちょっとそこまで

おかげの里

e0360834_01194840.jpg

←ウルトラマンです。
何故??(‾へ‾|||) ウーム

実はね、ここは賢島です。
元々が行き当たりバッタリの旅です。
朝ごはんを食べながら、
「何処、行こうかぁ?」
とりあえず、パールロードっていうのを走ってみようということになり、辿り着いたのがコチラです[E:smile]

真珠の加工・販売をしているお店がたくさんありました。
記念に、チビっこいパールのペンダントを買って貰いましたクスッ(‾m‾*)

e0360834_01194949.jpg

それから向かったのが、
おかげ横丁です。
↑のリンク先に名前の由来等が詳しく記されていますよん。
この画像のような落ち着いた建物が並んでいます。

ここは、小学校の修学旅行で、ピーが旅した所です。
自分が歩いた道、食べたモノ、
お勧めなど、懐かしそうに
案内してくれました[E:smile]

e0360834_01194942.jpg

e0360834_01194977.jpg



ピーのお勧めはふくすけの伊勢うどんと(左)と豚捨のコロッケ(右)です。
伊勢うどんはこの時期なので冷やし伊勢うどんです。
麺が柔らかいです。これは多分好みが分かれると思います。
コロッケはなつかしいお味です。1個80円は安い[E:sign01]です。

e0360834_01194984.jpg


夢にまで見た、赤福本店です。

ここはこしあん党の聖地です。

こしあん党大阪支部長の私としては、素通り出来ないでしょ[E:smile]
e0360834_01194992.jpg


←しっかり五十鈴川に面した縁側で頂いてきました。
外はめまいを起こしそうな程の熱気ですが、この場所だけは涼しい風が通り抜けていました。

んもぅ、この色艶がたまんないでしょ。

当然
3個を一人でペロリですよん[E:heart]


e0360834_01195073.jpg

e0360834_01195028.jpg



こんな感じで作っている様子を覗くことが出来ます。
右の写真、手作りしている女性はお若くて、綺麗な方二人。
でも、これって絶対、観光用ですね[E:shine]

私のようなオバさんが作っていたら、売れ行きに影響するかもぉ[E:coldsweats02][E:sweat01]

e0360834_01195003.jpg


でね、食べてばかり居たわけじゃないですよぉ。

←ほら、伊勢神宮の内宮です。

鳥居をくぐると空気が一変します。
厳かな雰囲気で、気持ちも引き締まる思いです。


急な出発だったので、何の心の準備もなく出かけましたが、
自分の原点に触れたような懐かしい場所に思え、
とてもリフレッシュ出来ました。

体重はとんでもない事になりましたが・・・ε-(´・ω・`A)ふぅ

さぁ、またぼちぼち、がんばっていきましょう[E:smile]
[PR]
by emiri-51 | 2007-08-20 14:56 | ちょっとそこまで

酷暑、猛暑の中・・・

e0360834_01194676.jpg



「暑っ~い[E:sweat01]」の言葉しか出てこない、この頃ですが、
皆さん、お元気でお過ごしでしょうか?

突然ですが、私、8月の17日~18日にかけて
三重を旅して参りました。

これ、主人の得意のサプライズ計画でして、
私もピーも全く知りませんでしたぁε-(´・ω・`A)ふぅ

いきなりですよぉ「よしっ[E:sign01]温泉に行こう[E:spa]」
温泉??(‾へ‾|||) ウーム有馬??白浜??
って思っていると、「鳥羽に行くぞ~[E:run][E:dash]」

「何で鳥羽やねん[E:sign02]」っという、私とピーの疑問もヨソに
いきなり旅支度ですよぉ。

e0360834_01194718.jpg

17日、早朝に出発しました。
チャレンジャーな主人は一般道で行くとかで、
山越えですぅ[E:sweat01]どの山を越えたのかは私には?ですが、
対向車が来ると延々バックの、私、とうてい運転を代われない道です。

ドキドキしながら、11時過ぎには鳥羽に到着です。

そして、主人が並んだ行列の先には、ジャ~ン[E:sign01]
鳥羽水族館です。

水族館は何年ぶりだろう?
ピーが幼稚園の頃、「海遊館」に行って以来です。

e0360834_01194711.jpg


暑い時には水族館やろう
そんな主人の思いつきで始まった
  珍道中ですぅ[E:sweat01]

こちらの水族館は初めて訪れたのですが、
とってもアットホームな感じの水族館です。

←スナメリです。笑顔です。
愛嬌があってかわゆい[E:lovely]です。


e0360834_01194726.jpg


e0360834_01194739.jpg


←アシカショー

時間を先にチェックしてね。
(Aのパフォーマンススタジアムですよん)

館内は12のゾーンに分かれています。
自由通路なので、観覧順序に縛られることなく、
興味のあるテーマを存分に楽しむことが出来ます[E:smile]


あのぅ、↑のつたない画像で少しは涼しさをお伝え出来たでしょうかぁ[E:bearing][E:sweat01]

1時頃から5時頃まで、たっぷり、のんびり出来ました

e0360834_01194732.jpg



急だったので、何とか取れたお宿は「かんぽの宿」でした。
天然温泉なので、お肌がツルツルになっていいお湯でしたぁ[E:heart]
レストランでバイキング形式の夕食なのですが、
眼下に鳥羽湾が広がり、丁度、湾に沈む夕陽を見ながら
海の幸を存分に堪能することが出来ました[E:shine]

e0360834_01194851.jpg


(今日のおまけ)
食べすぎましたぁ[E:shock]
←お陰で、私はただ今、こんな感じになっていますぅ[E:sweat01]
暫く、体重をUPできない事をお許し下さりませ
[E:bearing]


そんな中、次回・・・食べ物編へと続く予定ですぅ←多分[E:sweat01]
[PR]
by emiri-51 | 2007-08-19 13:51 | ちょっとそこまで
初回は画像だけを並べて、雰囲気だけを。。。っという事で失礼しました。
実際に現地に行っても、屋外アートについては、写真撮影も自由で
普通の生活の中に、あらら~って感じで現れます。[E:smile]
それらの作品からいろいろ感じるわけですが、うっふっふ
どうも私には芸術的なセンスは無さそうです。[E:sweat01]

今回は家プロジェクトについてお話しますね。
家プロジェクトの説明は私のつたない説明よりもこちらにくわしく書かれています。

私は自分の目で見た感想をお話しますね。

家プロジェクトはリンクの説明にもありますが、
・角屋
・南寺
・護王神社
・きんざ
この4棟が本村地区に点在しています。
角屋~護王神社は共通鑑賞チケットで500円です。
きんざだけが別料金で500円(予約が必要)今回は閉館中[E:shock]

角屋
中にプールがあります。あわてて入ると水の中に落ちるので要注意です。
その中にたくさんの色とりどり数字のプレートが浮かんでいて
点滅します。う~ん、確かに綺麗ですがぁ・・・

護王神社
e0360834_01151813.jpg

最初は、なんじゃこれ?ってくらい印象の薄いものでした。
拝殿の前にガラスのような階段。これが夜には光るのかなぁ?って想像だけが浮かびました。
っで、帰ろうとした時に、チケット係りのおじちゃんに
呼び止められました。
「石室は見ましたか?」っと。。。石室からの眺め→
遠くに水平線が見えます。

この石室の奥は先ほどの拝殿の階段と続いています。
ただ、ここ、すっごく狭いです。
お相撲さんは絶対に無理。入るのは不可能かと[E:bearing]



e0360834_01151840.jpg

南寺
ここ、おもしろいですよ。
←外観は何のヘンテツもありませんが中に趣向が凝らしてあります。
一組8名づつ位の入館なので、少し待ち時間がありました。
入り口でチケット係りのおじちゃんに説明を受けます。

中の見取り図を渡され、真っ暗なのでこの図のように壁伝いに入場して
椅子に座るように言われました。
「な~んだ、簡単な事じゃん。」って思うでしょう。
真っ暗な世界って、ホント怖いですよ。
夜に電気を消しても何かしらの光って目に入るでしょう。
それが一切遮断されると、恐ろしく不安になります。

座るところがよくわからなくて、案内のおじちゃんに
しがみついていたら、
あなたたち、私の説明を聞いていましたか[E:sign02]」って
叱られました。[E:coldsweats02][E:sweat01]

だって、こんなに真っ暗だとは思わなかったんだもの。
その状態で5~10分(個人差)程すると目がその環境に馴れ
前にスクリーンが見えてくるんです。
見えた人から光に向かって歩めという事です。
足元には障害物は無いので、安心して光の方へ進めとの事。

これね、何だかうれしいんですよ。
目の前の微かな光がとても明るく感じるんです。

その光に手を入れて遊ぶことも出来ます。
あらぁ、ここまで話しちゃうとおもしろく無いですか?
でも、機会があれば一度、是非お出かけ下さいね。

この3軒の中では、南寺が私的には一番おもしろかったです

次回はこの直島の旅で、一番私の心に残った出来事をお伝えしたいと思います。
                    つづく[E:bearing]
[PR]
by emiri-51 | 2007-01-07 10:11 | ちょっとそこまで

直島(屋外アート編)

e0360834_01151691.jpg

倉敷で一泊した私達はそのまま直島へと向かいました。
何故、直島か?
とても小さなきっかけなのですが、ピーと二人で休日にテレビを見ていたら、「直島」特集をやっていたんです。


↑フェリーが到着したら、早速 草間彌生さんの「赤かぼちゃ」がお出迎えです。

e0360834_01151788.jpg


外国の旅行誌でも人気の場所だそうで、島をあげてアートに取り組んでいるんです。

島中至るところに有名アーティストの作品が、無造作に展示されていて、風景にしっかり溶け込んでいます。


↑ジョージ・リッキーさん「三枚の正方形」

e0360834_01151724.jpg


直島での楽しみはいくつかありました。

�地中美術館

�家プロジェクト

�屋外作品
 
�ベネッセハウスミュージアム


っが、残念な事に地中美術館は休館日でした。[E:shock]
屋外作品と家プロジェクトを中心に見て回ったのですが
それでも十分、一日がかりです。

↑大竹伸朗さん「シップヤード・ワークス」 にて
サンタフェ風にピーを撮ってみました。[E:smile]


e0360834_01151704.jpg

島の中は道がとても狭いです。
今回はシーズンオフだったので、運転に自信のある方なら車で大丈夫かも知れませんが、春・夏は車は渋滞で動かないそうです。
動きやすい服装とスニーカーでの観光をお勧めします。

我が家も車は宇野の駐車場に入れ、身体のみで移動しました。


↑ウォルター・デ・マリアさん「見えて/見えず 知って/知れず」

e0360834_01151779.jpg


バスでの移動は事前に時刻表をご覧になって計画を立てる事をお勧めします。

本数が少ないです。詳しくはこちらをご覧下さい。[E:sweat01]

ベネッセハウスに宿泊の方には無料の送迎バスが出ています。

↑片瀬和夫さん「茶のめ」

e0360834_01151878.jpg


何だか今日は作品案内で終わってしまいそうですね。

これらの一部はこちらに詳しく紹介されています。
やだ~語れば長くなりそうなので、今日はとっかっかりだけですみません。



草間彌生さん「南瓜」

ちょっと、おもしろい事があったんです。
今日は雰囲気だけ味わって下さいね。
                    次回へつづく

(注)あのぅ、作品の事は私には聞かないでね。
何を隠そうあんまり詳しくありません。[E:bearing]

だから、雰囲気だけ感じてね。
[PR]
by emiri-51 | 2007-01-06 11:47 | ちょっとそこまで
e0360834_01151463.jpg

←芸能人でも銀行強盗でもありません。
新年早々の画像にこれは無いだろう[E:annoy]←うぅ・・・怒んないでね。
これ、一応、笑顔なんですけど[E:shock]

ほら、私ね昨年末に「ほくろ除去手術」をしたでしょう。
鼻の絆創膏が恥ずかしいんですもの。


それに紫外線に当たると傷口がシミになりやすいんですって。
隣を行き過ぎた車の方、戻って確認するのは止めてください[E:sweat01]

e0360834_01151484.jpg

後になってごめんなさい。
私、昨夜無事に帰省より戻って参りました。

今年もどうぞよろしくお願い致します。[E:bearing]

←これ、倉敷アイビースクエア内の庭園です。
今年はね、少し寄り道をして帰ったんです。
主人からのプレゼントなんですけどね。。。[E:heart]

本当の目的は翌日の直島行きなんです。
朝、大阪を出発をしていたらゆっくり出来ないっという事で、倉敷で一泊して翌朝一番で直島に渡る事にしました。
(直島報告もお楽しみに~♪)

e0360834_01151478.jpg


倉敷の美観地区です。
もぅ20年ぶりくらいです。

宿泊のホテルはここから車で30分位との事なので、落ち着いて散策をしていたんですよぉ。
それが悲劇喜劇の始まりでした。[E:sweat01]

e0360834_01151517.jpg

これ、何だと思います。
屋根の上にビクター犬がずらりです。
な、何事[E:coldsweats02]って感じです。
実はこれ、倉敷アンティークモール・貯金箱博物館なんですって。
時間も夕刻になってきたので、素通りしましたが・・・

先ほどの喜劇ですが、、、いえ私には悲劇ですよ。
わが愛車にはナビが無いんです。
ナビに限らずいろんなモノがありませんが・・・それはさておき。
主人は地図を頼りに動く事に常々自信を持っています。
おそらく、彼はナビをつけた所でそれを信用する人ではありません。
そして自慢じゃありませんが、私は地図が読めません。
だいたいね、北と南ってわかりますか?[E:annoy]
曲がるたびに地図をくるくる回して疲れる事極まりないです。

いつものように地図を広げた主人がひと言。
見えん[E:sign01]」
「はぁ、何ですって[E:coldsweats02][E:sweat01]」
なんでこんな小さい字やねん[E:angry]」
って私に当たってもぉ。昔からこの大きさだし。。。[E:sweat01]
仕方が無いんで、ここはひとつ私が頑張るしか無いわと
地図を見た途端。。。Σ(‾ロ‾lll) ガビーン
み、見えん[E:sign01][E:sign01]←これって老眼ってやつ?

良かったです。後ろにピーを積んでいて。。。
彼女の視力2.0のナビのみが頼りです。
彼女にも良い経験になった事だと思います。
この家では自分がしっかりするしかないと[E:smile]

通常30分で行ける所に2時間がかりで辿りつきました。
楽しんだ?後のお風呂[E:spa]とビール[E:bear]は最高です。
(とりあえず、ナビの購入は検討したいと思います。)

このあとの「直島珍道中」が気になるでしょう?
       うっふっふ。   つづく・・・
[PR]
by emiri-51 | 2007-01-04 12:00 | ちょっとそこまで

eoからの移行ブログです


by emiri-51